ログインへ カート | 初めての方へ
アーティスト特集
George Nooks
ジョージ・ヌークス
>>アーティスト名鑑へ

プリンス・モハメッドという名でディージェイとしての顔も持つ大御所シンガー。

2007/9/27掲載 2018/9/11更新
(C)ダブストアサウンドインク 無断転載を禁ず
George Nooks 1958年~
出身: ジャマイカ

>> 全ての代表作を見る

1234 ダンス: ジョグリン '90-'94

George Nooks

So Much Love (プレスノイズ)

Joe Frasier 1997

¥570 ¥199
カートに入れる

キャリアの始まりは70年代の半ばからで、当時隆盛を極めていたジョー・ギブス(Joe Gibbs)のプロダクションでディージェイとして活躍していた。プリンス・モハメッド(Prince Mohammed)という名で活動していた彼はジョー・ギブスを代表するビッグ・シンガー、デニス・ブラウン(Dennis Brown)の代表曲‘Money In My Pocket’や‘How Could I Leave’にトーク・オーバーしたディスコ・ミックスで人気を博した。

ジョージ・ヌークス(George Nooks)として認知され始めた彼はプリンス・トニー(Prince Tony)やアルヴィン・ラングリン(Alvin Ranglin)などのプロデュースで類まれなスタイルを生かしたヒット曲をリリースし、リトル・ロイ(Little Roy)の代表曲‘Tribal War’やエロール・ダンクリー(Errol Dunkley)の‘Darling Ooh’といった曲のカバーでシンガーとしての人気を確立していった。

その後もシンガーとしてのキャリアを積んでいった彼はドノヴァン・ジャーメイン(Donovan Germain)のプロデュースでリリースした‘We're In This Love’がイギリスを中心にクロスオーバーなヒットを記録し、その他にも‘Time For Love’、‘My Heart Is Gone’、‘Be Your Lover’、‘Rocking Time’、‘Freedom Blues’といったヒット曲をリリース、90年代以降もレゲエの枠を超えたカバー曲を中心に人気を博した。

Text by Dub Store Sound Inc.


       

関連アーティスト
Dennis Brown(デニス・ブラウン)
Prince Mohammed(プリンス・モハメド)
関連ジャンル
ダンスホール 2000年代 (96)
ダンスホール 90年代 (11)
ダンスホール 1985-1989 (7)
ブランニュー (3)
ダンスホール 80年代初期 (2)
ラヴァーズロック (1)
ルーツ・レゲエ (1)
歌詞紹介
I Can't Stop Loving You
Artibella

プリンス・モハメッドという名でディージェイとしての顔も持つ大御所シンガー。George Nooks(ジョージ・ヌークス)のアーティスト特集。
>> アーティスト一覧へ

商品検索

履歴を見る インデックス
から探す
詳しく検索


Copyright © 2018 Dub Store Sound Inc.