ログインへ カート | 初めての方へ
記事詳細
ボブ・マーリー(Bob Marley)が愛したギター
ボブ・マーリー - Bob Marley
ボブ・マーリー - Bob Marley
2018年2月7日 ソース: jamaicaobserver.com
関連: ジャマイカ、オールディーズ60's-70's、アーティスト一般
ボブ・マーリー(Bob Marley)とギターは切っても切り離せない。ステージに立つ彼を撮った写真にはよく愛用していたGibsonのLes Paul Specialのギターも写っていた。彼はこのギターを長年好んで使用していた。

彼はリズム・ギタリストだったが、カーティスト・メイフィールド(Curtis Mayfield)、スティーヴ・クーパー(Steve Cooper)、キース・リチャーズ(Keith Richards)、キャットフィッシュ・コリンズ(Catfish Collins)ほどの腕前は無かった。しかし彼は独特な弾き方と雰囲気で“スカ(Ska)”というニックネームを付けられた。
「父はジャズを練習していた。だから‘Jammin’’にはジャズのヴァイブスが感じられる。だから父はよりジャズよりになっていった」と彼は説明している。

Groundgutar.comのウェブサイトによると、マーリーがGibsonのLes Paul Specialを使用し始めたのはウェイラーズ(Wailers)が1973年に「Catch A Fire」と「Burnin’」を録音し終えた頃からだという。それ以前はFenderのStratocasterを愛用していた。「Catch A Fire」の‘Stir It Up’などではストラトキャスターを使用している。

1980年の最後のツアーではYamahaのSG1000を使用している。彼はまた‘Redemption Song’の制作で使用されたとされるEpiphoneのFT 165 122-stringなどアコースティック・ギターも複数所有していたという。

ジャマイカ随一とされるギタリストであるアーニー・ラングリン(Ernie Ranglin)は、1970年代の終わり、マーリーがギターの先生として共にツアーを廻って欲しいと頼まれたと語っている。ラングリンは当時ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)のバンドの音楽ディレクターを務めていたためその依頼を断ったという。

ウェイラーズのメンバーだったピーター・トッシュ(Peter Tosh)もこのグループ内ではミュージシャンとして認識されていた。彼は「Catch A Fire」と「Burnin’」で複数の楽器を演奏している。トッシュのバンド、ワード・サウンド・アンド・パワー(Word, Sound And Power)でドラマーを務めたスライ・ダンバー(Sly Dunbar)は、「ピーターは1番ウィキッドなギタリストだった」と語っている。



ソースURL: http://www.jamaicaobserver.com/entertainment/keeping-rhythm-with-the-8216-gong-8217-keeping-rhythm-with-the-8216-gong-8217-_124485?profile=1116

関連商品
1234 ボブ・マーリー 関連

Bob Marley, Wailers

Legend: 30th Anniversary Edition (Coloured Vinyl) (2LP)

Island /Tuff Gong US

¥6,000
ウォントリストに追加
メーカー在庫切れ
※当サイト掲載の記事及びコンテンツについて私的利用を超えた範囲で無断に転載及び再配布することを固くお断りいたします。


Copyright © 2018 Dub Store Sound Inc.