ログインへ カート | 初めての方へ
記事詳細
1990年代、ジャマイカ国民の心を掴んだラスタ・ルネッサンス・ムーブメント
トニー・レベル - Tony Rebel
トニー・レベル - Tony Rebel
2018年4月16日 ソース: jamaicaobserver.com
関連: ジャマイカ、コンシャス・ラガ、アーティスト一般
ルーツ・レゲエは1960年代後期のキングストンのゲットーで産声を上げた。ボブ・マーリー(Bob Marley)、バーニング・スピア(Burning Spear)、カルチャー(Culture)は飢餓や疎外など自らの体験を多くの曲の中に込めた。

慎ましい生活を推奨するこのサウンドは1970年代を支配したが、1980年代際どいリリックと豪華絢爛さに主導権を受け渡した。しかしその10年後ジャマイカに2度目のルーツ・ミュージックの波がやってきた。
1993年、ジャマイカの中心部で活動する黒人意識の強いアーティストたちがダンスホール・ミュージックをトランスフォームさせた音楽を作り始めた。当時新たに開局したIrie FMでのプッシュのお陰もあってマンチェスターのガーネット・シルク(Garnett Silk)、クラレンドンのエヴァートン・ブレンダー(Everton Blender)、セント・エリザベスのヤーサス・アファーライ(Yasus Afari)が中心となって起こったラスタ・ルネッサンスは 1990 年代半ばピークを迎えた。

1970年代に活躍したアーティスト同様、彼らはアンセムを生み、その名を世に知らしめて行った。ガーネット・シルクの‘Mama Africa’、トニー・レベル(Tony Rebel)の‘Fresh Vegetable’、エヴァートン・ブレンダーの‘Lift Up Your Head’、シルクとヤーサス・アファーライの‘I Can See Clearly Now’は社会の共感を呼んだ。

この新しいムーブメントでは4人以外にもシンガーのユートン・グリーン(Uton Green)、シングジェイのカルチャー・ノックス(Kulcha Knox)、プロデューサーのリチャード‘ベロ’ベル(Richard ‘Bello’ Bell)も活躍し、ベルのスター・トレイル・レコーズ(Star Trail Records)は素晴らしい曲をいくつもリリースした。

1994年、ケイプルトン(Capleton)、ブジュ・バントン(Buju Banton)、ジャー・メイソン(Jah Mason)、シズラ(Sizzla)が新たな“ジャー・アーミー”として活躍し始めた。

彼らはダンスホール/ルーツ・レゲエを受け入れ始めていたRASレコーズ(RAS Records)、ハートビート・レコーズ(Heartbeat Records)、VPレコーズ(VP Records)などアメリカの企業から利益を得た。インターネットが普及する前、彼らの音楽はVibe、The Source、URB、Reggae Reportなどのトレンディなアメリカの雑誌の紙面を大々的に飾った。

ラスタ・リヴァイバルはガーネット・シルクが母親の自宅の火災に巻き込まれ28歳で死亡したことで大打撃を食らってしまった。しかし彼らの発したメッセージは今も生き続けている。トニー・レベルは世界で最も成功を収めているレゲエ・ショーの 1 つであるRebel Saluteの代表を務め、シズラは現在もレコーディングとツアーを続け、ヤーサス・アファーライは自身が開催する毎年恒例のJamaican Poetry Festivalを通じてジャマイカの文化を伝える大きな役割を果たしている。



ソースURL: http://www.jamaicaobserver.com/entertainment/roots-rocking-in-the-dancehall_129333?profile=1116

※当サイト掲載の記事及びコンテンツについて私的利用を超えた範囲で無断に転載及び再配布することを固くお断りいたします。


Copyright © 2018 Dub Store Sound Inc.